2011年7月21日(木) 01:55

大丈夫!

今日、行方不明中の従兄弟の嫁さんとこどもたち(中3、小5)3人は、震災後身を寄せていた親戚の家を出て、近くの仮設住宅に移ったそうです。

彼女たちの今後の平穏な生活を願わずにはいられません。

自分が出来る彼女たちへの小さな支援として、住んでいた家の模型復元をしようと思っています。

物資、金銭面においては、ボランティアの人たち、自治体などから、現時点では、手厚いそれなりの支援はされているようです。

これから必要なのは、おとなもこどもも、心のフォローだと聞きました。

想い出の品何ひとつなくなり、言葉通り、真新しい生活の始まりです。
そんな中でその模型が、癒しになり、拠り所にでもなってくれればいいかな、と思っています。

震災後、僕等にできるボランティアは何だろう?と知合いの女性建築士と話をしていて、その彼女が「流されてしまった家の図面の復元じゃない?」と言われたのがきっかけになっています。
前を向くことも必要でしょうが、震災前の普通の生活を取り戻すには、想い出の復元や再生も必要不可欠ではないでしょうか?

***********************************************************

被災地を目の当りにして、本当の意味での復興までには、果てしない時間と労力とおカネがかかると感じました。

しかし今、ひるむことなく、そこに向かって進まなければならない責任と行動力が、日本人全体に求められています。

体制面や、責任論の議論も必要なのでしょうが、まずここはひと呼吸おいて、

東北は、そして日本は絶対大丈夫!

と、皆が心の中で強く想うところから、具体的に何かが動き出す気がします。

なでしこJAPANのように!!結果は出ます!よね。

written by hom [考・想・感] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『こんばんは』

あまりにも重い現実に、なかなかコメントできずにいました。
遅くなってしまったことを申し訳なく思っています。

しがない生活者ゆえボランティアに行くことも
何か具体的に協力する事もできませんが、心から祈っています。
もうこれ以上辛いことがおきませんように。
ほんの少しでも笑顔を取り戻すことができますように。


ツバメのこと、残念でしたね。
でもツバメは来年、きっとまた来てくれます。
そしてきっと可愛い子ツバメを見せてくれます。
それを信じて、
今日の一日を私もがんばろうと思います。

written by T.N

『ありがとう』

T.N.サン、コメントありがとうございます。
重苦しいBLOGが続き、申し訳ありません。

けれど今僕等が感じているこの気持ちは、決して風化させてはいけないと思っています。
T.N.サンのお気持ちは岩手の彼女たちに、しっかり伝えておきますね。
これからもよろしくお付合いください!

written by HOM

TrackBacks

MySketch 2.7.4 written by 夕雨