2020年10月15日(木) 10:50

むくり屋根

障がい者福祉施設【多機能型事業所ゆるり】様。

広い平屋の建物のため、カタチ自体が単調にならないように、、かつ風景に溶け込みながらも印象深く・・との想いから、屋根のカタチにも変化をつけています。

むくり屋根、普通の三角屋根、片流れ屋根。

利用する人たちを向かい入れる道路側には、やさしく柔らかく招き入れる印象を醸し出そうと、むくり屋根を採用。



桂離宮でも使われている、【むくり屋根】。

対する形の屋根として、神社・仏閣などで見かける【反り(そり)屋根】。

格式や荘厳さを表現する反り屋根に対し、
むくり屋根は、低姿勢や丁寧さを表現しているんだそうです。

ゆるり様にもHOMにも(!?)、まさにぴったりの屋根です!^^

直線の片流れ屋根約10mの長さの真ん中で20cmほど持ち上げて、屋根全体にカーブをかける、と言えばわかりやすいでしょうか?

屋根に上ってみると、それほどのカーブは感じないのですが、

 

下から見上げると、



しっかりカーブ(むくり)ですよね!

見上げながら改めて、人生低姿勢に、丁寧に、と肝に銘じています!^^

written by hom [多機能型事業所ゆるり] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

MySketch 2.7.4 written by 夕雨